ホーム > 研修事業 >介護職員等によるたんの吸引等の実施のための研修

平成29年度 熊本県
喀痰吸引等研修(第1号・第2号研修)
実地研修

 ★ 平成29年度、実地研修の募集を開始しました!

基本研修 実地研修 指導者養成講習 様式集
研修概要

当財団は熊本県より委託を受け、標記研修を実施いたします。

研修概要



研修の目的 平成24年4月1日施行の介護職員等によるたんの吸引等の制度化により、居宅、特別養護老人ホーム等の施設および障害者支援施設等において、必要なケアをより安全に提供するため、適切にたんの吸引等を行うことができる介護職員等を養成することを目的とする。
研修区分 研修には、2つの区分があり、受講者が所属する事業所の状況において、その区分選択を行う。
 ア.区分1 不特定多数の利用者のすべてのケアに関わる必要がある場合の研修
 イ.区分2 区分1の行為のいずれか1つ以上の行為について
        不特定多数の利用者のケアに関わる必要がある場合の研修
 ※人工呼吸器装着者へのたん吸引 および 半固形化栄養剤の経管栄養 は不可。
医行為の項目
第一号研修
第二号研修
たんの吸引
※口腔内、鼻腔内については、
  咽頭の手前までを限度とする。
口腔内
すべての行為
いずれかの
行為
鼻腔内
気管カニューレ内
経管栄養
※胃ろう、腸ろうの状態確認、
  経管栄養のチューブの挿入状態の確認は、
  看護職員が行う。
胃ろう又は腸ろう
経鼻経管栄養
対象者 @平成29年度の基本研修(講義とシミュレーター演習)の受講修了者
A平成23〜28年度の基本研修のみの修了者
B平成23〜28年度の第2号研修修了者で、医行為の追加もしくは第1号研修の受講を希望する者
C平成23〜26年度の一部履修者(現、第2号研修修了者)で、医行為の追加もしくは
  第1号研修の受講を希望する者
D実務者研修修了者及び養成施設若しくは学校において医療的ケアの科目を履修した者

※なお、上記に該当するもので介護福祉士の有資格者は、就労する事業所で実地研修を受講する
  ことができます。その場合、事業所が登録喀痰吸引等事業者として登録することが必要です。
  ◆介護福祉士の実地研修及び登録喀痰吸引等事業者としての登録は
    → こちら(「3 介護福祉士の実地研修」を参照。)


平成30年2月28日(水) までに研修を修了できる予定の者に限る。
受講料 2,500円 (保険料等)
お申込み 以下の書類をダウンロード・ご記入の上、当財団まで郵送にてお申込み下さい

 @実地研修 受講申込書 兼 実施計画書
   Word (2003)   PDF
   ★参考:喀痰吸引等研修実施要綱(H24.3.30 社援発0330第43号)

 A基本研修受講証明書や一部履修証明書、または第2号研修修了証の写し
  ※上記 対象者 のA、B、C、Dの方のみ。



・ 書類送付先
  〒862-0926 熊本県熊本市中央区保田窪1-10-38
  (公財)総合健康推進財団 熊本県喀痰吸引等第1・2号 実地研修係

募集定員 200名 (申込順に受け付け)
応募締切 平成30年2月16日(金) 必着
 ※受講申込書の到着後、約1週間程度で受講決定通知書及び受講料振込み案内を
   FAXにて送付します
カリキュラム 受講決定通知書を受け取り後に、実施計画書に基づいて研修を開始して下さい。


【修了認定の基準】
@ 規定回数以上を実施 すること
科   目
回 数
口腔内の喀痰吸引
10回以上
鼻腔内の喀痰吸引
20回以上
気管カニューレ内の喀痰吸引
20回以上
胃ろう又は腸ろうによる経管栄養
20回以上
経鼻経管栄養
20回以上

A累積成功率が 70%以上 あること

B最終3回のケアの実施において、不成功が1回もないこと( 連続3回成功
修了証 全課程(実地研修まで)を修了した介護職員等に対しては、研修委託機関から修了証明書を交付します。

  受講パンフレット閲覧について
当サイトに掲載中のパンレット(PDFファイル)を閲覧するにはAdobe社のアドビリーダーが必要です。
お持ちでない方は下記リンク先よりダウンロードしてご利用ください。

Get AdobeReaderアドビリーダーダウンロードページへ


研修・講座一覧
福祉施設向け職員スキルアップ研修

連絡先

事業案内 総合案内 インフォメーション