ホーム > 研修事業 >熊本県相談支援従事者 現任研修

平成30年度 熊本県相談支援従事者 現任研修

現任研修 様式集

 

研修概要

研修の目的 地域の障がい者等の意向に基づく地域生活を実現するために必要な保険、医療、福祉、就労、教育などのサービスの総合的かつ適切な利用支援等の援助技術を習得すること及び困難事例に対する支援方法について助言を受けるなど、日常の相談支援業務の検証を行うことにより相談支援に従事する者の資質の向上を図ることを目的とする。
対象者 @全日程(3日間)コース
指定相談支援事業所等において相談支援業務に従事しており、一定の経験を有する者及び相談支援従事者初任者研修を修了し相談支援専門員としての資格を有する者
指定相談支援の提供にあたる者は「相談支援従事者初任者研修」を修了した年度の翌年度を初年度として、5年目の年度末までに1回以上現任研修を修了する必要があります。
 (平成25年度に初任者研修を修了された方は本年度が5年目となります)

A行政職員(講義のみ1日間)コース
市町村、県等の行政関係職員で、相談支援事業や地域自立支援協議会について理解を深めるため受講を希望する者
開催日程 研修日程(3日間)
 ・平成30年10月 1日(月) ※行政職員(講義のみ1日間)コースの方はこの1日のみ
 ・平成30年10月 3日(水)
 ・平成30年10月22日(月)
実施場所 くまもと県民交流館パレア パレアホール
カリキュラム 受付 9:00〜9:20
講義 9:20〜18:00(予定)
※時間は変動することがございます。詳細は受講決定通知書にてお知らせ致します。
お申込 平成30年度のお申込受付は終了しました

募集定員 研修定員等
(1)募集定員
@全日程(3日間)コース 120人
A行政職員(講義のみ1日間)コース 10人

(2)研修受講生の選定
@全日程(3日間)コース
募集定員を超えた場合、熊本県と協議のうえ選定する。(先着順ではない。)
募集定員を超えた場合、今年度中に現任研修を受講しなければ失効する者を優先する。

A行政職員(1日間)コース
先着順。また全日程コースに多数の申込があった場合は、全日程コースを優先する。

(3)受講者の決定
平成30年9月上旬に、受講者宛に受講通知を実施機関
(総合健康推進財団 九州支部)からFAXにて通知します。
受講料 @全日程(3日間)コース 27,000円
A行政職員(講義のみ1日間)コース 1,000円 ※資料代として
使用テキストについては、受講決定通知書にてお知らせします。
修了証 全日程を受講修了された方には、公益財団法人 総合健康推進財団より修了証書を交付します。
その他特記事項 (1)科目の免除は行わないものとします。
※遅刻、欠席、欠課がある場合は翌年度以降、全3日間すべてを受講しなおすことになります。

(2)理由の如何にかかわらず、研修開始から15分以上遅刻、欠課した場合は欠席とします。

(3)熊本県外の事業所からの申込は可能ですが、募集定員を超えた場合は、熊本県内事業所からの推薦を優先します。

(4)修了証書は、全科目修了した者に交付します。修了証書を紛失した場合は再発行が可能ですが、再発行手数料2,000円と約3週間の作成期間が必要となりますので、紛失等無いようにしっかりと管理をお願い致します。

(5)理解度が著しく低い場合は、講師・実施主体等にて協議の上、追加で課題等の提出を求めます。追加課題について講師・実施主体等にて協議の結果、修了の見込みがないと判断された者には修了証書の交付を行いません。

(6)熊本県相談支援従事者現任研修 受講者推薦及び申込書に記載されている次の情報について、熊本県から市町村に対し、提供することがあります。予めご了承いただきますようお願い致します。同意しない場合はお手数ですが、事務局までご連絡ください。
1.受講者の氏名
2.受講者の現勤務先

(7)次の各号の一に該当する者は、受講を取消すことがありますのでご注意下さい。
1.学習意欲が著しく欠け、修了の見込みがないと認められる者
2.研修の秩序を乱し、その他受講生としての本分に反した者
 (私語、居眠り、携帯電話等の使用などの受講態度の悪い者)

※ この研修に関するお問い合わせはこちらからお願いします。


研修・講座一覧
福祉施設向け職員スキルアップ研修

連絡先

事業案内 総合案内 インフォメーション